記事一覧

2011.03.04 (金) 12:05

七夕鳴き砂ロマンチックロード

こんにちは顔文字12
今日は朝から良い天気顔文字12
雪がわんさか降り積もった後だと、余計に明るく感じますね顔文字02
白い雪をかぶった山々も今日はくっきりと見えます顔文字12

先日、観光協会のホームページを見て下さった方から、メールを頂きました顔文字12
静狩の鳴き砂海岸についてのご意見です顔文字12

ファイル 243-1.jpg

※夏に撮ったものなので、今は雪景色です顔文字08

札幌市にお住まいの女性の方より・・・・顔文字12
観光協会のHPから鳴き砂の事を知りました。とてもロマンチックですね。
読んで閃いたのですが、

① 年1回の七夕の日、両端から織姫と彦星に見立てたカップルが、
鳴き砂の音を頼りにそれぞれの相手を探し当てると言うイベントはいかがでしょうか。
環境を大事にする意味でも、イベント前にはボランティアや参加者、見物者に
ゴミ袋を持たせエコの取組みを図る。

② 鳴き砂ロマンチックロードを作り観光客に経験してもらう。
ここでもやはりゴミ袋持参。   

環境活動、漂着ゴミの問題を解決していきながら、
鳴き砂をテーマにしたイベントを提案して下さる内容でした顔文字07

ファイル 243-2.jpg

全国で約30カ所、道内でも3カ所という貴重な『鳴き砂』という資源顔文字12

夏にこのブログでも取り上げたのですが、
噴火湾の最も奥に位置しているこの辺りの海岸には、
色々な場所から流れ流れてきたプラスチック等の、様々なゴミが打ち寄せられてきます顔文字12

石英の粒が主で、砂全体の65%以上を占めている場合が多い鳴き砂は、
組成・粒度・地形・気候等の条件が一定バランスを保った時に鳴く、
とってもデリケートな砂顔文字12顔文字12

集めたゴミを処理する費用が2度3度ではなく継続的にかかってくること等、
簡単には解決する事が難しいという実態もあります顔文字12

ファイル 243-3.jpg

海岸では、ゴム底の靴ですり足するように歩くと、波の音(結構大きい)の合間に、
「キュキュッ・クククッ」と小さな可愛らしい音を出してくれます顔文字12
波音が高くて聴きずらいので、じっくり耳を澄ませて・・・・・顔文字12

メールのやり取りの中で、
「海の資源も豊かで、何より長万部のかにめしは全国に知れているお弁当ですから、
改めて長万部は観光地として発展して頂きたいと思いました。

道東、白糠町の道の駅『しらぬか恋問』に行かれたことはありますか?
砂浜で、サーファーが好きそうな波があり、北海道とは思えない長い時間海を眺めていたい
空間があるのです。長万部には同じような空間を作れそうな気がします。」顔文字12

ファイル 243-4.jpg

こうして長万部に興味を持って下さり、応援して下さるご意見を頂く度、
手がつけられずにいる鳴き砂の保護や観光資源としての可能性に対して、
協力して何か取り組むことができないかという気持ちが後押しされます。

先ほど「七夕」というキーワードがありましたが、
長万部は、星空が本当に美しく、夜になり空を見上げると
あかりの多い街では見られない、無数の細かな星が見られます。
私も、こんなに星が見えるんだと感心して、じーっと上を見上げて歩いていると
「ヒュン!」と、流れる星を見る機会が多いです顔文字12
夜釣りをしているときの頭上に見える天の川も見事なものです顔文字03

清掃活動を終えて、温泉でひと汗流した後、
浜辺で星空を見ながら、ゆる~い音楽や歌・波の音を聴く顔文字12
鳴き砂が鳴る音を体験してみる。etc・・・・
そんな日があったら、人は集まるかな。

ファイル 243-5.jpg

昨夏、JR乗換待合時間にお会いした女の子たち顔文字12

鳴き砂に関しては、様々な立場からの意見があると想像され、
町内・町外問わずご意見を頂けたらと考えています顔文字12
参考にさせて頂ければと思いますので、コメント欄・メール・直接などなど、
ご意見・ご感想をお待ちしています顔文字12