文化歴史、感性を刺激する文化施設
長万部町は「豊かな心と個性を育む教育・文化・スポーツのまち」として、文化的な環境づくりに力を注いでいます。
その観点から、文化財についても幅開く町内外の方に紹介し、保護、活用に努めています。 施設紹介

■平和祈念館■

昭和58年(1983年)の終戦記念日に、人類の平和を祈念して設置されました。 館内には、丸木位里・俊夫妻の「原爆の図・母子像」などの平和と反戦を願う心が生んだ作品や円空の「観音座像」や室町時代の仏像、 インドや西域の仏像などが展示されています。高床校倉風の祈念館前庭には、北海道出身の世界的彫刻家・本郷新の「嵐の中の母子像」 「わだつみのこえ」等の作品群が並ぶ「彫刻の庭」となっています。

住所:字長万部413番地12
開館時間:10:00〜18:00
入館料:無料
休館日:月曜日
※休館日の開館については応相談
(連絡先:長万部町教育委員会 01377-2-2748)

▶詳細はこちら

■植木蒼悦記念館■

北海道唯一の水墨画家で俳人でもあった植木蒼悦(本名・悦郎)は、「仙人」とも呼ばれた孤高貧窮な暮らしの中で、 自己表現を貫きました。コレクター寄贈によるこの記念館には、独特に描かれた河童絵や、油彩画、など蒼悦の作品約100点を展示しています。

住所:字長万部413番地12
開館時間:10:00〜18:00
入館料:無料
休館日:月曜日
※休館日の開館については応相談
(連絡先:長万部町教育委員会 01377-2-2748)

■郷土資料室 鉄道村(町民センター)■

長万部町で実際に使われていた古民具や、アイヌの民族資料や丸木船など様々な民俗文化財を展示した「郷土資料室」、 鉄道の街として栄えた長万部町らしい、貴重な鉄道グッズを集めた「鉄道村」、長万部町出身の直木賞・日本文学大賞受賞作家「和田芳恵コーナー」があります。

住所:字長万部413番地12
開館時間:10:00〜18:00
入館料:無料
休館日:月曜日
※休館日の開館については応相談
(連絡先:長万部町教育委員会 01377-2-2748)

■ヲシャマンベ陣屋跡■

安政3年(1856年)、江戸幕府の時代。幕府に命を受けた南部藩が、蝦夷地警備のために南部室蘭陣屋のヲシャマンベ分屯所として設置。 現在も当時の濠や土塁の跡が残っており、この近隣地方では唯一の近世史跡として国の文化財として指定されました。

住所:長万部町陣屋町

■ニ股温泉の石灰華■

巨大な放射性石灰華ドームは、石灰岩が放射性の湯の華(炭酸石灰成分)を被り、何万年もかかって堆積して形成されたもので、世界でも、 アメリカのイエローストーン国立公園とここだけにしかない貴重なものです。隣接する二股らじうむ温泉では、北海道の天然記念物にも指定されたこの石灰華を 見ながらの露天風呂を楽しむことができます。

住所:字大峯 30 番地他

■学習文化センター■

町の芸術・文化の拠点として平成4年に開設されました。館内には、5万5千冊の蔵書とAV室を備えた図書館や、326席の多目的ホールなど 施設が充実しており、長万部町の歴史や自然等に関わる書籍も豊富です。道南の歴史に興味がある方には特におすすめの施設です。

住所:字長万部 411 番地 216
休館日:月曜日

▶詳細はこちら

■福祉センター■

講堂や大小会議室、調理実習室などを備えた地域活動の拠点。町民のふれあいや憩いの場、交流な場として利用されています。

住所:字長万部 413 番地
休館日:月曜日

▶詳細はこちら

■ファミリースポーツセンター■

スポーツ合宿が盛んな長万部町の、スポーツ活動の拠点。広く町民に利用され、町外客も利用頂けます。バスケットボールコートが2面設置可能なアリーナや、 トレーニングルーム、ふれあいコーナーを備え、フットサルやバドミントン、バレー等様々なスポーツの練習や試合に使用されています。 スポーツ用具も貸し出しており、子供も大人も楽しめる活気のある体育館です。

住所:字長万部 413 番地
休館日:月曜日

▶詳細はこちら

■青少年会館■

柔道場と剣道場を備えている武道場。長万部町の青少年はもちろんのこと、道内各地からも合宿で当町に訪れたくさんの若者たちが光る汗を 流し、稽古に取り組んでいます。

住所:字長万部413番地
休館日:月曜日

▶詳細はこちら

■町民プール■

メインプールと幼児用のプールを併用している温水プール。例年5月〜10月上旬まで開館しており幼児や小中学生は無料で利用できます。 健康とリフレッシュのために大人も多く利用している施設です。

住所:字長万部413番地2
休館日:月曜日

■弓道場(町民体育館)■

季節を問わず利用できる屋内弓道場。屋内8射、巻藁、弓立、姿身を完備しており、心身の鍛練に励む若者たちの姿が美しいです。

住所:字長万部354番地1
休館日:月曜日

■町営スキー場■

冬期スポーツ活動の拠点で、1月上旬から3月中旬まで開設しています。無料で利用できるロープトウが設置してあり、初心者のレッスンにも 最適。ナイター利用もできますので、仕事帰りのひと滑りもできます。

住所:字長万部 414 番 6
休業日:月曜日

■東京理科大学 長万部校舎■

1987年に開校し、毎年東京理科大学基礎工学部の300名近い学生が1年間、全寮制の長万部のキャンパスで学びます。 噴火湾を見下ろす小高い丘にあるキャンパスは、自然豊かで時にはキタキツネが遊びに来ます。学生たちは、季節毎にある町のイベント・行事に積極的に参加し、 町の人々とふれあい、長万部に明るさと元気を与えてくれます。

住所:字富野102番地1

ホームページ:
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/spesnova/

■国縫漁港■

1994年に完成した全国初の「ワイングラス型漁港」。陸と橋で結ばれる人工島の漁港で、ワイン好きにはたまらない?形。 釣り場としても人気があり、道内各地からフィッシャーマンたちが訪れます。

住所:字国縫